So-net無料ブログ作成

ウルフ・オブ・ウォールストリートを観ました! [徒然なるままに]

皆さん!こんにちは。

新しい一週間、頑張っていきましょう!!




さて昨日、映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』

のDVDを観ました。




昨年公開された映画ですが依然として人気があり

近くのレンタルショップで3週間貸し出し中だった為

なかなか借りることが出来ませんでした。




『ウルフ・オブ・ウォールストリート』は

ジョーダン・ベルフォートという株式ブローカーの回顧録、

『ウォール街狂乱日記 - 「狼」と呼ばれた私のヤバすぎる人生』

に基づいて作られたディカプリオ主演の映画です。




ウォール街をテーマにした映画は殆ど観ましたが

今回のウルフ~は最高でしたね^^




ディカプリオの演技が上手という事もありますが

欲望の権化の如く稼ぎまくるジョーダン・ベルフォートの

その押さえ切れない肉欲の過激な描写が話題となりました。




相場の世界は『欲望』と『恐怖』の心理的拮抗が

チャート形状として反映されるといいますが

ジョーダン・ベルフォートは『欲望』が人一倍

ぶっ飛んでいた稀代のブローカーですね。




私の愛読書に『ジェシー・リバモア』がありますが

「ウォール街のグレートベア」の異名をもつ投機家・相場師です。

こちらも莫大な利益と破天荒な生活、そして悲惨な最期は

稀代の相場師として今尚ウォール街の伝説となっています。




この2人の共通点は莫大な利益を上げる為に

『欲望』の開放をあらゆる手段を使って行い続け、

最後はお縄に掛かるか自ら命を絶つというものです。




このように『欲望』に呑まれて自らを見失い、

法を犯したり廃人となってしまっては元も子ありませんが

人一倍稼ぎたいという強い『欲望』が無いとダメなのも

事実のようですね^^

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。